PORTO3316IMARIがKIW連携パートナーとして九州アイランドワークプロジェクトに参画

九州各地のコワーキングスペースを検索・利用できるスマートフォンアプリ「KIW」で、PORTO3316IMARIも利用可能に!!
〜九州におけるワーケーションを推進し、次世代で活躍する人たちの働き方をアップデート〜

PORTO株式会社(代表:森戸裕一)が運営・管理している佐賀県伊万里市のコラボレーションスペース「PORTO3316IMARI」が、九州アイランドワーク株式会社(代表:馬渡侑佑)が提供するスマートフォンアプリ「KIW」(※1)にて利用可能になりました。
https://kyushuisland-work.com/

※1)KIWの直営・連携ワークプレイスを利用するためのアプリ。 “働くをいつでも気軽に”利用できるドロップイン制“好きなだけ好きな場所で”利用できる定額制の2つの使い方が選べます。
また併せて、PORTO株式会社代表の森戸裕一がKIW連携パートナーとして九州アイランドワークプロジェクトに参画することが決定いたしました。

休暇を取りながら働く「ワーケーション」の促進を政府が提唱したことが、大きな話題になっています。
株式会社パーソル総合研究所が発表した「緊急事態宣言解除後のテレワークの実態について調査結果」によると、緊急事態宣言が解除された後、正社員のテレワーク実施率は、全国平均で25.7%。新型コロナ収束後のテレワーク継続希望率は69.4%という結果がでており、企業として事業継続や人材確保の観点からテレワークの導入はより加速すると予想されます。人事白書調査レポート2020によるとワーケーションを導入している企業は14.9%、導入予定としている企業は20%とテレワーク導入とともにワーケーション導入が進んでいく可能性があります。テレワーク推進による場所に囚われない働き方の実現や、ワーケーションの普及は地方に優秀な人材を呼び込み、地域で新しいプロジェクト立案および実行が可能となり地方創生施策としても注目されています。一方、地方都市ではこのようなワーケーションの受け皿となるコワーキングスペースの整備が不足しており、KIWのワークプレイスネットワークとして加盟することで、九州全域のワーケーション促進の一助になると考え、PORTO3316IMARIでは今回のプロジェクトへの参画を決定いたしました。

PORTO3316IMARIは地域のDXを推進するコラボレーションスペースとして、地域間連携、世代間連携、異業種間連携をとおして、数多くのプロジェクトを立ち上げてきました。
これらの動きを加速させるべく、PORTO株式会社ではKIWパートナーと連携し九州全域の働き方改革をはじめとしたDX推進に取り組んで参ります。

PORTO3316IMARIについて
都市と地方を結ぶコラボレーションスペース、しごと創りセンター「PORTO 3316 IMARI」(サテライトオフィス・コワーキングスペース)を平成28年9月に開設しました。PORTO 3316 IMARIでは、地域の産業である「一次産業」、「伝統産業」、「観光産業」と最新のテクノロジーの融合による新たなビジネスの創造、さらにそれに伴う人材育成や都市部のIT企業との連携・誘致を目指しています。

住所:
〒848-0047 佐賀県伊万里市伊万里町甲358-1 伊萬里まちなか一番館2階

Webサイト:
http://porto3316.com/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。